Oracle 기동/정지

오라클의 기동

–インスタンスの起動(SQL*Plusを使用)
# sqlplus /nolog

SQL> CONN / AS SYSDBA — OS認証でアイドルインスタンスに接続
SQL> STARTUP [FORCE] [RESTRICT] [PFILE=filename] NOMOUNT
— データベースのマウント
SQL> STARTUP MOUNT [dbname]
— データベースのオープン
SQL> STARTUP OPEN [ READ {ONLY|WRITE [RECOVER]}|RECOVER] [dbname]
— NOMOUNT→MOUNT→OPEN の状態遷移は可能だが、逆は不可能

— 省略時
SQL> STARTUP — OPEN処理まで行う

오라클 정지

SQL> SHUTDOWN [NORMAL]
— 省略時 (すべてのセッションが切断されるまで待機)

SQL> SHUTDOWN TRANSACTIONAL [LOCAL]
— 現行トランザクションの終了後、セッション切断、停止
— FETCH ACROSS COMMIT プログラムがある場合には注意

SQL> SHUTDOWN IMMEDIATE
— 現行トランザクションのロールバック、セッション切断、停止

SQL> SHUTDOWN ABORT
— 強制停止(次回起動時に クラッシュ・リカバリが必要)

This entry was posted in Oracle. Bookmark the permalink.